動物を育成し販売するブリーダー資格

最近では、ペットブームによって、ペット産業が成長し始めていますが、それらのペット産業を裏で支えているのがペットの育成と販売を手がけているブリーダーです。

ブリーダーの仕事は、犬や猫の交配から出産育成までを一貫して行う職業で、ペットのしつけや予防ワクチンの摂取などのペットの健康管理も重要な仕事内容です。

ブリーダーとして犬や猫などの商用動物を育成し販売するためには、動物取扱業の資格が必要となります。

日本のペットブームが加速する現状において、動物取扱業の資格を取得することが、大きな収入を得る方法として注目されています。

動物取扱業の資格を取得することによって、ペットの出産育成や販売が可能です。

出産育成したペットの販売先は、直接飼い主に販売するケースは、日本では少数のため、通常はペットショップや動物を扱う大型ホームセンターが主なペットの販売先となるのです。

ブリーダーの仕事は、資格を取得することが最初のスタートラインに立つ入り口ですが、資格を取得するだけでなく動物に対する愛情を持って接することが何よりも大切だといわれています。

ペットの健康管理や些細な異常の発見など、ペットのブリーダーの仕事は、繊細な扱いが重要になってくるため、ペットのことを大切に扱う心構えが重要になっていくのです。

資格の他にも扱う動物に関する知識なども、重要な要素となっていくため、ブリーダーの仕事を始める際には、十分な知識を蓄えることが肝心です。