戦前から登場していた少女マンガ

元々若年層としてあげられる10代から、20代前半までの女性を対象に書かれており、その歴史は戦前から登場していた少女マンガですが、現代では、年齢やその人の趣味嗜好によって、非常に少女漫画は多様化しています。

日本だけではなく、海外の読者も増えてきており、世界に誇るサブカルチャーとなっているのです。

そのため、漫画雑誌の種類も多種存在しており、多様性のある読書が楽しめます。

基本的には、シリアスからコメディまで、多種多様性のある恋愛を描いているものから、ファンタジー、サスペンス、SFやホラーなど、種類豊富なものを取り扱うようになってきており、海外の人々もわざわざ日本から漫画を取り寄せたり、海外向けに翻訳されて輸出されている物も少なくありません。

そのため、海外では、漫画家を目指している人も増えてきており、ドイツやイタリアなどでは、漫画家になりたい人のための専門学校なども存在しており、多数の人が自国を舞台にした少女マンガを描こうと目指しているのです。

世界でも類を見ないほどの作品が、多々存在しているので、単純に少女という区切りだけではなく、作品の世界観だけではなく、様々な読者の視点を意識した作品も増えています。

小さいころから読み続けているからこそ、自分たちで将来少女漫画家になりたいと、思っている人も増えてきていますので、日本国内でも、通信や通学による専門学校も存在し、書き方から出版社への持込などによってデビューする人も増えています。

昨今では、ネットで書いているものからデビューする人も増えつつあります。